胸を大きくするのに豊胸手術は効果的?

バッグ挿入法で胸を大きくすることができる?

豊胸手術の中でも代表的なものに、バッグ挿入法があります。

方法としては、脇の下などの皮膚を5cmくらい切開して、中にシリコンバッグを挿入します。

バッグ挿入法は、胸を大きくする方法としては確実で手っ取り早い方法です。

ただ、メスを使用する手術で、人工的なものを胸の中に入れることであることから、リスクを考えて悩む方が多いものです。

また、豊胸手術のデメリットは、実はリスクばかりではありません。

仕上がりに関しても、硬くなりやすかったり、横になった時に不自然な仕上がりになったりすることがあります。

それでも「とにかく豊胸!」にこだわるのであれば、せめて腕の良いクリニック、口コミで評判の良いクリニックを選択することをお勧めします。

最近では、安めの料金を設定しているクリニックもあります。

でも、安いものには、何らかの理由があるかも知れませんよね。

カウンセリングでは、手術の流れやリスク、費用、万一のトラブルの際の対処法などをきちんと確認しておくことが重要です。

脂肪幹細胞注入法は効果が長持ちしやすい?

代表的な豊胸手術には、脂肪幹細胞注入法があります。

脂肪幹細胞注入法は、吸引した脂肪組織から取り出した幹細胞を注入することで、胸を大きくする方法です。

クリニックによっては、幹細胞だけではなく脂肪も注入してくれます。

脂肪を定着しやすくしたり、脂肪を増やしやすくするような施術をしてくれるクリニックもあります。

ここで、「幹細胞ではなく脂肪を注入すれば良いのでは?」と思う方もいるかも知れませんね。

でも、脂肪だけでは定着率は悪く、胸の土台となる幹細胞があるとより脂肪が定着しやすくなります。

せっかく胸に注入した脂肪も出来る限り長持ちさせられるように、持続性にこだわった施術法を行っているクリニックを選択すると良いかも知れませんね。

副作用としては、2週間ほど腫れや内出血が続くことがあるようです。

ガーゼ交換や抜糸のために、1週間ほどクリニックに通う必要もあります。

手術前には、リスクやクリニックに通う頻度、費用、効果の持続性などを確認しておきましょう。

サイト内アクセスランキング1位の人気記事
【ベルタプエラリアで胸を大きくする方法】巨乳になりたい女性に市販サプリ効果口コミ

【ベルタプエラリアで胸を大きくする方法】巨乳になりたい女性に市販サプリ効果口コミ